読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろどり

まさか、30代で甲状腺がんになってしまいました。その日々の記録です。色んな人のブログで勉強させてもらったので、このブログももしかしたら誰かのためになるかも!!

術後のこと 4日目

体調良好。

シャンプーして髪の毛もサラサラ良好。

院内をうろうろする元気も出てきました。

あとは、反回神経麻痺、かなぁ。

相変わらず水(とろみはなくしました)でむせること、

声が出にくいこと。

これで仕事出来るんだろうか。。。?

採血でカルシウムの値が調節出来れば、退院のめどがたつそうです。

 

○カルシウムの値の重要性○

甲状腺の手術の際、

甲状腺の裏側にある『副甲状腺』を一緒に摘出することになったり、

手術によって一時的に血流が悪くなり、機能が落ちることがあるそうです。

副甲状腺は左右上下に4つあり、私は左の上1つだけを残している状態です。

副甲状腺からはカルシウムを調節するホルモンが出ており、

機能が落ちてカルシウムが不足すると、、

手足がしびれてひどいと全身の筋肉がけいれんするテタニーが起こります。

逆に副甲状腺の機能が保たれているのにお薬でカルシウムをとりすぎると、、

カルシウム代謝のために腎臓に負担がかかり進行すると腎不全に陥ったりします。

なので、どのくらい機能が落ちるか、いつその機能が戻るか、その人によってバラバラなので、調整がとても難しいんだそうです。